rolleiflex-addict:

Frankfurt, Germany

rolleiflex-addict:

Frankfurt, Germany

サッカーの試合後に日本人がゴミ拾いするのは「自分の存在した痕跡を残すな」 というニンジャの教えに端を発するもので、清掃屋さんの仕事を奪おうとかそういう話じゃないです。
中学時代、エロサイトの記事をクリックするたびに違うサイトに飛ばされ続け、最後には最初のサイトに戻ってきた時は「幻術か!?」って思わず叫んだからね、僕は。
中学時代、エロサイトの記事をクリックするたびに違うサイトに飛ばされ続け、最後には最初のサイトに戻ってきた時は「幻術か!?」って思わず叫んだからね、僕は。

タクシーの運転手いわく、タイのこのあたりの沿岸部は2004年のスマトラ島沖地震の際の津波で何もなくなったのだとか。

「日本はいま大丈夫なのか」と聞かれたので「やはりなにもなくなった地域がある」と答えると「でもタイは3年で立ち直った。日本も大丈夫だ」とゆっくりとした口調で言われた。タイにいると人の中に仏の存在を感じることがある。

im-alex-s:

i haven’t laughed so hard in such a long time fuck

im-alex-s:

i haven’t laughed so hard in such a long time fuck

(出典: 4gifs)

絶対君主制だが、良い政策をしたりするので結構評判が良い。またイギリスに外交権を委ねた事はあるもののどこの国の領土にもなった事は無く、最大では東アフリカやパキスタンにまで勢力を伸ばしていた為、オマーン国民の誇りになっている。このため王室への敬意は根強く、2010年にはカブース現国王の即位40周年が記念された

カブース国王はブータンのワンチュク前国王と並ぶ名君であると思う

例えば……
・即位後すぐに対立していた反政府組織に投降を呼びかけ、一部を政府の要職に起用
・長らく鎖国状態であったオマーンを1970年頃から解放政策へと転じさせ、同国をアラブ世界で最も開放的な国家の一つに押し上げた。
例えば、かつて首都マスカットは夜間になると城壁が閉じられてしまうため、それまでに辿り着けなかった者は野宿するしかなかったが、これを撤廃した。

・国王自らが全国行脚し、国民の悩みを直に聞くという「ミート・ザ・ピープル」という行事も行うことで、国民の要望に応える
内容は「学校が欲しい」「橋を直してくれ」といった切実なものから「うちの息子の将来が心配だ」という個人的なものまで様々だが、一つ一つの意見にきちんと耳を傾けている


……など、普通の王様ならやらないであろう親身な行動をとっている


特に「ミート・ザ・ピープル」は非常に高い成果を残しており、それまで国内に病院が2つ、学校が3つしか無かったにも関わらず国内は急速に近代化、他のアラブ諸国に負けない豊かな国に変貌した


そして、カブース国王の治世下で国民の所得は50倍になったのである
さすがだカブース王
 

そんなオマーンだが、かつて日本人女性が王妃として嫁いでいた事はご存知だろうか?


1935年、先々代の国王であり、カブース現国王の祖父であるタイムール国王が訪日した
その時、ダンスパーティで出会った大山清子さんに一目惚れし、求婚


で、求婚したタイムール国王はどうしたかというと

なんとそのまま日本に定住(ほぼ永住)してしまったのである

「彼女を連れてくと日本のご両親が心配するから、自分が日本に住むよ!」という考えでもしていたのかどうかは定かではないが、行動力が国王の範疇を超えてるだろjk……

当然、国王の両親は猛反対
そりゃ王様が国を放って同棲するとか言い出したら反対もするだろう……

それらのゴタゴタを解消する為に一度帰国し、なんやかんやで両親の了承を得て、晴れて二人は結ばれた
清子さんは正式にオマーン王妃となったのだ
一人娘であるブサイナ姫(カブース現国王の母)も生まれ、幸せに暮らした二人



しかし、悲劇が訪れた
 




結婚から3年後、結核を患った清子王妃は病死してしまう(もともと体が弱かったらしく、治療の甲斐なく亡くなったという)

タイムール国王は悲しみ、ブサイナ王女と一緒にオマーンへ帰国したのであった……




と、ロミオとジュリエットもびっくりの幸せと絶望物語だが、これ以降も前国王(カブース現国王の父)や現国王が来日するなど日本との交流も盛ん


日本人の王妃がいたということは有名で、向こうの国ではすこぶる日本の評判が良く、「日本から来た」と言うだけで都会の人も田舎の人もすごい親切にしてくれるらしい

しかもオマーンの新聞には、1ヶ月で231回も日本の話題が載るほど日本が大好き
自国の事は大丈夫なのかとこちらが心配してしまうほどである

それだけオマーンが平和で、日本の事を思ってくれているという証しなのだろう
 


日本人にはまだまだ有名とは言い難いが、サッカーではワールドカップなどの主要大会のアジア予選で対戦する機会が多く、どこぞの半島国家とは違う本物のライバルとして交流を深めている

産業はおもに石油精製が主だが、ナツメヤシの生産も世界8位と好調
首都マスカットには様々なモスクがある為観光客も多い
砂漠の国のため湖は少ないが、海岸沿いではドルフィンツアーが組まれている

2011年からは東京大学にてオマーンの歴史や文化を学ぶスルタン・カブース講座が開設される。
また、東北地方太平洋沖地震にも8億円の支援を行っている。







日本人はどれだけオマーンのことを知っているのだろうか?

話題に上がったとしても「オマーン国際空港wwwwww」「オマーン国債wwww」 とかネタにしていないだろうか?
coromegane:

2014/6/14
ベランダや庭に出るために置いてあるサンダル。
なぜ置いてあるかというと、ちょっと洗濯物を干したりするために外に出る時に、地面に足をついて汚れないようにするためだろう。地面=外=汚いである、と考えると、サンダル=外ではない=キレイなわけだ。
では、もしもそのサンダルがずっと出しっぱなしだったら?地面と同じように風雨にさらされていたとしたら?その場合は、地面と条件は同じになるのだから、サンダル部分も時間の経過とともに「外」になっていくのではないか。
即ち、その状態にまで「外化」が進行したサンダルをはくということは、はだしで地面に立つのと同じ行為であり、サンダルはある段階からその存在理由を失っているのである。
とはいえ、新しく外に出されたサンダルがどれだけの時間の経過によってその意義を失うのか?「外」と「外じゃない」の境界がどこにあるのかということは、これから更なる考察を要する問題だ、などと私は考えているのである。
(意訳:ベランダに出しっぱなしにしいてたサンダルの存在を最近になって思い出した)

coromegane:

2014/6/14

ベランダや庭に出るために置いてあるサンダル。

なぜ置いてあるかというと、ちょっと洗濯物を干したりするために外に出る時に、地面に足をついて汚れないようにするためだろう。地面=外=汚いである、と考えると、サンダル=外ではない=キレイなわけだ。

では、もしもそのサンダルがずっと出しっぱなしだったら?地面と同じように風雨にさらされていたとしたら?その場合は、地面と条件は同じになるのだから、サンダル部分も時間の経過とともに「外」になっていくのではないか。

即ち、その状態にまで「外化」が進行したサンダルをはくということは、はだしで地面に立つのと同じ行為であり、サンダルはある段階からその存在理由を失っているのである。

とはいえ、新しく外に出されたサンダルがどれだけの時間の経過によってその意義を失うのか?「外」と「外じゃない」の境界がどこにあるのかということは、これから更なる考察を要する問題だ、などと私は考えているのである。

(意訳:ベランダに出しっぱなしにしいてたサンダルの存在を最近になって思い出した)

 「わたしは他人を満足させるために生きているのではない。他人の感情は他人の問題だ。責任を持つ必要はない。知ったことか。イエーイ」
fotolica:

06022014: #Florence : No one there. Deep inside in the garden. (at Boboli Gardens)

fotolica:

06022014: #Florence : No one there. Deep inside in the garden. (at Boboli Gardens)